小金井ジャズフェスティバル2015は終了いたしました。

たくさんの方のご来場、誠にありがとうございました!

koganeijazz2015.pdf
PDFファイル 268.1 KB

小金井ジャズフェスティバル2015

【入場無料】

KOGANEI JAZZ FESTIVAL 2015

 

ジャズ・ブルースの生演奏が無料で楽しめる!

ドリンク&フードで盛り上がろう


日時:2015/10/11(日)

時間:12:00~20:00(演奏は13:00~)

場所:西友小金井店集荷所(小金井市本町5丁目18)


<出演ミュージシャン>


瀧本季典

妹尾隆一郎

THE FAVE RAVES(ザ・フェイブ・レイブス)

蜂谷吉泰(ex.ダウン・タウン・ブギウギ・バンド) 

Spider Tetsu Trio

チコ本田

FREEFUNK

and etc.

(出演順)

 

<出店予定>

 

・ケーニッヒ

本場ドイツ仕込みのソーセージが美味しい!


・肴鍋屋 rasHika(ラシカ)

地元人気居酒屋が出す屋台料理。


・古本はてな倶楽部

心に響く本とCDに出会える。


 

主催:武蔵小金井駅前商店会

<タイムスケジュール>

13:00-13:45 瀧本季典(perc)、宮地楽器音楽教室の先生、生徒の皆さん

14:00-14:45 妹尾隆一郎(vo/harp) グラ小椋(gt) 中山幸也(dr) Hisa仲瀬(ba)

15:00-15:45 「THE FAVE RAVES(フェイブ・レイブス)」青山春裕(vo) 人見トキオ(g) 佐田智(sax) 山口レオ(tp) 小浜徹(tp) 松本照夫(dr) 野間一郎(b)

16:00-16:45 蜂谷吉泰(gt)(ex.ダウン・タウン・ブギウギ・バンド) 長洲辰三(vo.g) 後藤奈緒人(dr) 新井悟(ba) 

17:00-17:45 「Spider Tetsu Trio」Spider Tetsu(vo/g) 金田洋一(ba) D3深田(dr)

18:00-18:45 チコ本田(vo) 荒巻茂生(ba) 高瀬順(pf) 松尾敦史(dr)

19:00-19:45 「FREEFUNK」桜谷"艦長"俊文(vo/gt) 中田桃花(vo) Sammy(key/vo) 遊佐慎吾(ba) 浦上”ウラッチ”義高(dr) タイラー(t.sax) シバケン(b.sax) ESP(tp)

 

出演者プロフィール

13:00-13:45 瀧本季典(perc)、宮地楽器音楽教室の先生、生徒の皆さん

瀧本季典(perc)


ドラム奏者。中学、高校時代にアマチュアバンドを経て18才よりジャズセッションドラマーの猪俣猛氏に師事しプロミュージシャンとしての教育を受け、23才の時ベースプレイヤーの後藤次利のオリジナルバンドのメンバーとしてプレイ。それを期に後藤次利のアレンジをはじめ大村雅明、瀬尾一三、船山元基、西本明等その他多くのアレンジャーのレコーディングでスタジオセッションプレイヤーとして活動。浜田省吾、長渕剛、南こうせつ、尾崎豊等ではレコーディング以外にもコンサートツアーのメンバーとしても参加する。ここ数年デジタル機器を取り入れたドラムセットで松田聖子のツアーメンバーとしても参加。その他ジャズ尺八プレイヤーのジョン海山ネプチューンのセッションやクラシックギタリストの鈴木大助等、ポップミュージック以外のアーティストとのプレイなど幅広いジャンルでの活動をし、自ら映像などを中心にした音楽の作曲等も手がけている。

14:00-14:45 妹尾隆一郎/Weeping Harp Senoh

1949年6月17日大阪市生まれ。自他共に認める日本におけるブルース・ハーモニカの第一人者。ハーモニカ・プレイヤーとして、サザン・オールスターズ、上田正樹、かまやつひろし、桑名正博、オーティス・ラッシュ、憂歌団、泉谷しげる、もんたよしのり、プリンセス・プリンセス、B'zなど様々なアーティストとのレコーディングおよびステージ・セッションに参加。テレビアニメ『カウボーイ・ビバップ』でのハーモニカ・ソロでも話題に。


妹尾隆一郎(vo/harp) グラ小椋(gt) 中山幸也(dr) Hisa仲瀬(ba)

15:00-15:45 THE FAVE RAVES(フェイブ・レイブス)

日本のソウルバンド。1990年マディ・ランプスの青山ハルヒロとヒトミトキオを中心に結成。曲はオリジナルの他、現在はサザン・ソウルのカバー(オーティス・レディング、サム・クック、サム・アンド・デイヴ、ウィルソン・ピケットなど)を主に演奏。


青山春裕(vo) 人見トキオ(g) 佐田智(sax) 山口レオ(tp) 小浜徹(tp) 松本照夫(dr) 野間一郎(b)

16:00-16:45 蜂谷吉泰(ex.ダウン・タウン・ブギウギ・バンド) 

1951年11月24日生まれ。ダウン・タウン・ブギウギ・バンド初代ギタリスト、ザ・ゴールデン・カップス参加などそうそうたる経歴、数々の伝説を残すギタープレイヤー。 

 

蜂谷吉泰(gt)(ex.ダウン・タウン・ブギウギ・バンド) 長洲辰三(vo.g) 後藤奈緒人(dr) 新井悟(ba)


17:00-17:45 Spider Tetsu

大江戸下町に生まれる。母親がJAZZ&BLUESをプレーしていた影響でギターを手にする。「勝ち抜きエレキ合戦」に出演していた叔父が爪弾いていたBLUESに衝撃を受け。チョーキングの虜になり、15歳にして音楽の道へ。元CREATIONの竹田和夫に師事。数年後、竹田和夫&エルコヨーテスに加入。竹田和夫氏と共に数々のライブに出演。その後、自らのBLUESを追求探求する為に単身イリノイ州シカゴへ渡米する。シカゴでは数々のお店でプレーをし、オーティスラッシュさんのバースデーライブで演奏する。帰国後、Spider Walk Blues Bandで東京、横浜、千葉、埼玉で活動し何千本の弦を切る。現在はSpider Tetsu Solo等で活動中。2012年 マリオマネジメント所属,2012年 K&T Pickup エンドース契約。


「Spider Tetsu Trio」Spider Tetsu(vo/g) 金田洋一(ba) D3深田(dr)

18:00-18:45 チコ本田

本場アメリカやヨーロッパに比べ、魂を揺さぶる本物の少ない日本のジャズボーカル界にあって、多くのジャズマンから尊敬を集める数少ないホンモノ、魂の唄、チコ本田。ジャズボーカルの女王ビリー・ホリディにも通じる哀感は心のひだを切実に伝え、その悲しさは時に涙を誘う。また、持って生まれたブルース感覚はパワーとなって相手を打ちのめす。渡辺三兄弟で、兄は渡辺貞夫(as)、弟は渡辺文男(ds)、夫に故本田竹広(p)、息子は本田珠也(ds)というまさにジャズ一家。20歳の時、サックス・プレイヤー渡辺貞夫グループより歌手デビュー。都内のナイトクラブ、米軍キャンプで唄う。1967年、ピアニスト本田竹広と出会い結婚。一時家庭に入るが1978年自己のグループを結成。


チコ本田(vo) 荒巻茂生(ba) 高瀬順(pf) 松尾敦史(dr)

19:00-19:45 FREEFUNK

1996年から、世界をファンクで一つにするべく、P.FUNK直系サウンドをベースに、極東発オリジナルサウンドを追求しつづけている。2001年に自主レーベルより1st CD『FREEFUNK』をリリース、インディでのCDリリースにもかかわらず都内の大型CDショップで大展開され注目を浴びる。以降精力的に日本を”アース・ツアー”しつづけ、本家P-Funkのジョージ・クリントンやブーツィ・コリンズらも大絶賛。ライブでは飛入りやゲスト客演も迎えた、まさにワン・ネイションな展開になるのが恒例。「フリーファンク・シャトル」を操り、会場に集う人々を乗せてファンクとともに果てしなく上がる事を信条としている。


桜谷"艦長"俊文(vo/gt) 中田桃花(vo) Sammy(key/vo) 遊佐慎吾(ba) 浦上”ウラッチ”義高(dr) タイラー(t.sax) シバケン(b.sax) ESP(tp)